増える荷物、つのる寂しさを、こうやって解消。

 

一週間ブログ更新していなくてすみません!(出た、自意識過剰)

 

お詫びに、うどん貼っておきます。(意味不明)

 

 

突然なんですが、私、普段から荷物が多くて。

 

それはもう、待ち合わせした相手に

 

「すぐみさきちゃんだって分かったよ、荷物が巨大だったから」

 

と言われるほどに。

 

荷物が巨大て。

 

で、何が入っているかと言うと、

 

本なんですね。

 

電車の中で読む本。

 

普段、脚本を書いているから、自分が読むときはなるべく頭をからっぽにしたくて、

 

エッセイとか、マンガとか、

 

そういったものを読むんですね。

 

でもエッセイとかって、文字が少ないから、すぐ読み終わってしまって。

 

(でも書くときはものすごく労力を使って書かれていると思います、すべての作者さんを尊敬します。)

 

でね、

 

あの、

 

人生で一番困る瞬間ベスト6くらいに、

 

「電車の中で読む本が無くなってしまった時」ってランクインすると思うんですね。(何調べ)

 

もう、すごくあたふたする。

 

冷静を装いながら、「どこかに本屋さん無いかな…」って探してる。ずっと。存在を。探してる。(Jポップか)

 

 

で、こないだちょうど友達の家に泊まりに行って、

 

あーちゃんっていうお友達が寝静まってしまったあとに本を読み終えてしまって。

 

 

あーちゃん寝ちゃって寂しいな、自分の本、読み終わっちゃたな…と思いながら

 

ぱっと目の前を見ると、そこには本棚が。

 

いっぱい本が詰まった本棚が。

 

しかし勝手に見るのはね……

 

人の本棚勝手に漁ってる姿、後ろから見られたら

 

もはやただの

 

 

コソドロですやん。

 

コソドロ。っていう単語を今、初めて使った。

 

 

でも寂しかったから、

 

あーちゃんを起こすという選択をしたよ。(最低か。おとなしく本棚見ときなはれ)

 

 

そして起きてくれたあーちゃん。優しい。

 

 

そして始まる写真大会。

この写真撮ってるときのあーちゃんの一言「なにあんた、ぶりっこして写ってるの(笑)」(たしかに)

 

 

ありがと、あーちゃん!

 

これからは余分に本を持ち歩こうと思います。 

 

あ、また荷物が増えますね。

 

それでは、また。